2020年6月30日

筋トレとテコ2

こんにちは!

パーソナルジムBEYOND西宮店トレーナーの三好です。

前回のブログでは”てこ”に関係する用語の紹介と

エクササイズをしているときに

動作のポジションによってしんどくなったり楽になったりするのは

モーメントアームが関係している、ということを書きました。

今回は少し具体的に書きます。

トレーニングをしている人は感覚でわかっていると思いますが、

バーベルカールのポジションで一番きつくなるのは

前腕の角度が水平になるときです。

これはモーメントアームが関係しています。

前回のブログでも書きましたが、

バーベルは重力によって垂直に負荷がかかるので

モーメントアームはどのポジションでも水平になります。

そして、バーベルを握ったこぶしから、支点となる肘までの水平距離が最長になるのは

前腕の角度が水平のときです。

モーメントアームは長ければ長いほど かかる力が有効に働きます。

なのでモーメントアームが最長になる前腕水平のポイントが

バーベルの負荷も最大にかかるポイントになります。

逆に、バーベルを上に持ち上げきったときと下に降ろしきったときを想像してもらうと

バーベルから肘までの水平距離が0に近いのがわかると思います。

ということはモーメントアームが短く、二頭筋にかかる負荷もマイルドになります。

ちなみにバーベルの負荷に拮抗しているのは二頭筋ですが、

二頭筋がくっついている前腕の部分(二頭筋の停止部)から肘までのモーメントアームは

それほど長くありません。

なので実際は、バーベルを持ち上げているとき、

バーベルの負荷よりはるかに強い力で上腕二頭筋の張力が前腕にかかっています。

…….

筋肉をつけてかっこいい体を作りたい!

美しく引き締まった体型をつくりたい!

正しいトレーニングで競技力をアップさせたい!

どんな目的にもBEYONDは対応致します。

ダイエットをしたい方、西宮でパーソナルジムを探している方はぜひBEYONDへ!

無料カウンセリング、体験トレーニング受付中です。

〈お問い合わせ〉

電話番号:0798-67-8575

メールアドレス:info@beyond-nishinomiya.com

LINE@:@191alizv

カテゴリー:MIYOSHI BLOG / STAFF BLOG